「出会いで道が開かれた」HR課チーフ蘓に聞くアローリンクの魅力

就活生のみなさんが、企業に入社するかどうかを決めるポイントは何でしょうか。ビジョンや業務内容、待遇などいろいろ考えられますね。どのような企業に入るかということは、人生を左右する大きな岐路にあたります。 アローリンクのnext事業部、HR課のチーフである蘓伸太郎(いけるしんたろう)さんが入社を決めたのはある人達との出会いでした。

この記事は約5分で読み終わります。

重要なのは成果にコミットする姿勢


―― 今いらっしゃる部署と仕事内容を教えてください。

蘓:アローリンクのnext事業部、HR(ヒューマンリソース)課という部署でチーフとして働いています。HR課は人事部ではなく、採用コンサルティングを行う部署です。

僕は入社後一年半の間、アローリンクの母体であるアロージャパンで採用業務を行っていました。その後、next事業部HR課を含む複数の部署の立ち上げに携わりました。

―― 蘓さんのお仕事はどんな人に向いていると思われますか。

蘓:僕が、一番大事だと思っているのは、どれだけ成果にコミットできるかというところです。成果にコミットしなければ、達成する手順がわからない、道筋が分からないという問題につながります。しかし、たとえ成果が出なくても、成果にコミットするということで次の仕事につながることがあります。

目次へ

苦い経験が成長のきっかけに


―― 大変だったけれども経験してよかったことを教えてください。

蘓:たくさんあるのですが(笑)。入社して、半年くらいたった夏の終わり頃の話です。当時は主に女性の先輩と二人で採用担当をやっていました。その頃の僕はモチベーションが高く結果を出すこともできていてとても順調でした。

けれど、当時一緒に働いていたメンバーと行った食事の席で全員から「今の蘓とは一緒に仕事したくない」と言われたんですよ。

正直なところ、そう言われた時は「モチベーションも高いし、結果も出しているし何も悪くないんじゃないか」という思いがあり、メンバーからの言葉で僕の感情は動くことはありませんでした。

けれど、日が経って改めて考えてみて、なぜそう言われたのかという理由が気になるようになりました。逆の立場になったとしても「一緒に働きたくない」なんてなかなか言えないじゃないですか。

「なぜ言われたのか」「なぜそこまで踏み込んできたのか」ということがまったく分からなかったのですが、もう一度自分を振り返ってみて気が付いたことがありました。

半年間一緒に働いてきたメンバーに対して、僕は「ありがとう」や「ごめんなさい」という言葉を伝えたことがなかったんです。当時の僕が持っていた考え方は「やってもらって当たり前」「自分が失敗はすべて人のせいにする」。だから「一緒に働きたくない」と言われたのだと気が付きました。

逆の立場なら言わないような言葉を伝えてくれたのは、「蘓ならまだまだ成長できる」「本当に大事なものを見つけられる」と期待してくれているからこそだと思いました。それからは、人との向き合い方やチームとの向き合い方、社会人としての在り方について考え直さなければならないと痛感しましたね。

その年僕は、常務賞という役員賞をいただきました。その際に登壇しスピーチをしたところ、その場にいたメンバー全員が僕以上に喜んでくれて、嬉し涙を流してくれました。僕はその光景を今も忘れられません。あの時のあの言葉があったからこそ今の自分がいるのだと感謝しています。

目次へ

入社したのは役員に「惚れた」から


―― 今のお仕事でどんなことにやりがいを感じますか。

蘓:業務として行っていることにやりがいを感じるというと、語弊があります。そもそも僕がアローリンクに入社した理由は、上村、安東、蓬莱という3名の役員に惚れたからなんです(笑)。3名のビジョンを達成するためにできることなら、どんなことにでもやりがいを感じます。

アロージャパンのビジョンは『「未来のあたりまえ」を世界に』、アローリンクのビジョンは『「4月が待ち遠しい」を創造する』です。これらのビジョンを3名の役員がそれぞれ別の方向性から追求しています。そのビジョンを達成するためならあらゆることにやりがいを感じることができますね。

―― 先ほど「惚れた」という表現がありましたが、役員の方々のどんなところに惚れましたか?

蘓:私は大学卒業前に結婚と出産を経験しているんです。当時私は2つの会社から内定をもらっていました。そこで知り合った内定者の一人が、私を会わせたい人がいるといって紹介してくれたのが、現在アローリンクの副社長である安東でした。その後、縁がつながり社長の上村と会うことになりました。

上村と初めて会った時は30分程社長室で話した後、「じゃあ内定祝いに食事にでも行こう」と誘われ、結局その日は4~5時間ほどずっと飲んで話をしました。その時に「これだ」「こんな男になりたい」と思い、それが入社の決め手になりました。

卒業までの約1年間は家族を支えるためにアロージャパンでアルバイトとして週6日働いて、週1日学校に行くという日々。人生の中でもかなり大変な時期でした。そんな中での3名の役員との出会ったことは目の前の道を切り開いてくれるような大きな出来事でした。

目次へ

アローリンクで運命の出会いを

3名の役員と運命的な出会いを果たし、ここだと思える会社に巡り会うことができた蘓伸太郎さん。入社後も多くの経験を積み成長を続けています。

アローリンクには、そんなチャンスがあふれているのです。就活生のみなさんも一度覗いてみてください。運命的な出会いが、きっとあなたを待っていますよ。

 

  • xxxxxxxxxxxxx