「やりがいが際立つ仕事」渡邉里保が目指すリーダーの役割とは

営業を担うnext事業部のカスタマーサクセス課のセクション1とシステムクリエイトチームでリーダーを兼任されている渡邉里保(わたなべりほ)さん。 社内でも異色の経歴を持つ彼女がアローリンクで見つけた「私だから」の仕事。主体性が求められ個性があふれるアローリンクの中で渡邉さんが手に入れたポジションとは。

この記事は約6分で読み終わります。

実はよくある?! リーダーを兼任するということ


―― 現在所属する部署と業務内容を教えてください。

渡邉:私はnext事業部のカスタマーサクセス課のセクション1という、いわゆる営業部の1課と、システムクリエイトチームというシステムを納品するまでのサポートをする部署でリーダーを兼任しています。現在4年目で、アローリンクの立ち上げメンバーです。

――兼任と聞くと「大変そうだな」と思うのですが、決まった時はどう思われましたか?

渡邉:実はアローリンクで兼任になるのは珍しいことではないのです。私自身も、next事業部の運営だけでなく、いかに全体を大きくしていくために自分ができることはやっていこうという思いがありました。ですから兼任といわれた時は「やっぱりな」という感想を持ちました。

――実際にやってみていかがですか?

渡邉:システムクリエイトの方は別のものがメインで活躍しており、私はサポートに回っています。現在営業の体制に変化が起こっていてとても大切な時期なため、比較的営業の方に注力できる形になっています。

――渡邉さんのマネジメントについて教えてください。

渡邉:日々意識しているのは、「降りてきたことだけやればよい」という考え方ではなく、一人ひとりが「個」を強く出した上で戦力になってもらう必要があります。

このように主体性を求める組織に対してメンバーが不安感や負担、不満を持つのではなく、前向きな姿勢で業務を遂行できるよう、また発言できるような環境をつくるよう心がけています。

また、若いメンバーで「0から1をつくる」ことができるのはとても貴重なことなので、今の環境に感謝、仕事に感謝、チームメイトに感謝というように、感謝の気持ちを忘れないようにいてもらうことを意識しています。

すべてにおいて前向きな姿勢をとれる人というのは、その姿勢が多くのことに結び付いてきます。営業成績が伸びて、チームに対して愛情がわいてきます。そうなると主体性が出て、組織を強くしていく流れにつながってきます。

目次へ

役職者になって思うこと

――入社当初から、「マネジメントを行いたい」「こういう組織にしたい」という思いはあったのですか?

渡邉:まったくなかったです(笑)。リーダーになるときも、半年ほど説得をされました。「責任から逃げたい」みたいな気持ちもありました。結局、腹をくくって「イエス」と言いうタイプなんですが。

――実際にリーダーになってみてどのように感じていらっしゃいますか?

渡邉:成長したなとは感じています。今では、「土俵に立たずに、いろいろなことをいうのは簡単だったんだな」と思うことが多いです。だからこそ役職に就く前に持っていた視点を忘れたくないなと思っています。

また「渡邉さんに任せれば必ず解決できる」というような、私が後ろにいることで「安心感を与えられるようにしたいな」といつも考えています。そのような点で、「役職に就くということは、広義的に意味がある」と感じることが多いですね。

――今のお仕事でやりがいを感じるのはどんな時ですか?

渡邉:「やりがいが際立つ仕事である」と、日々感じています。新規事業の立ち上げに関わり、0から1をつくってきたことがプライドになっています。入社してからというもの、毎年違って、同じような1年間を過ごすことがまずありません。

マネジメントを学びながら、「飽きさせない組織」ってものすごく価値が高いんだなと感じています。その点は上司たちに感謝すべき部分ですね。

ひとつずつ組織をつくっていったり、人と向き合ったりするところはとてもやりがいを感じます。また周りの人達が達成感を感じてやってよかったという言葉をいってくれると、「いてよかった」と感じますね。「こんなことまで私がやっていいの?!」と思うことまで任せてもらっています

女性にはライフイベントによって足踏みする場面が出てくることもあるかと思います。私の人生において自分の時間とお金を使って自分の経験値を上げられるのは今しかないと思い、がむしゃらにやれるのは20代なのかなとも感じています。

今目の前にある可能性をつぶすようなことはしたくありません。経験して感じたことが自分の価値になっていくと思っています。ですからどんなことでもトライをして、「あの時やってよかったな」と思えるお母さんになりたいなと思っています。

――仕事は好きですか?

渡邉:うーん・・・(笑)。私は、ハローワークの紹介でアローリンクに入社しました。当時は事務職として人事のバック業務を行っていました。

事務職と聞くと、プライベートを優先できるイメージがありました。でも、アローリンクに入社してからは、若い時に経験できることはとても価値のあることだと感じ、入社後2週間で自分も「がんばらなきゃいけないな」と触発されました。

すぐに、当時常務をしていた現副社長の安東に「総合職にいきたい」と直談判しました。返ってきたのは、「組織的な理由ですぐに総合職へ移ることはできない」という答えだったのでした。でも、そこから努力を続けた結果、入社半年後には総合職への異動が決まりました。

総合職に異動してからは、それまで採用チームではできなかったブランディングのための女性誌をつくったり、スマートフォン教室を新規で考えたり、それらと並行してnext事業部の立ち上げに携わったりとさまざまなことを経験することができました。

仕事が好きというよりは、「仕事をしないと人生って面白くないな」ということを理解させてくれた会社ですね。

友人には「今の会社にはいれてよかったね」と言われることが多いです。20代の前半は比較的くすぶっていたと感じているので、「パズルのピースがはまるような会社に出会うことができて本当に良かったね」と言ってもらっています。

目次へ

渡邉里保が目指す組織とリーダー像

――今後どのような組織にしていきたいですか?

渡邉:今が、ターニングポイントだなと感じています。この組織ができて今年で3年目になり、今までのやり方を変える必要が出てきました。組織を支えるメンバーも50名を超える規模になり、組織としていかに確立していくかが勝負だと思っています。

私がやるべきことは、決まったことに対して全員が前向きに歩んでいくためのサポートをできるようなリーダーになることだと思っています。

誰かを切り捨てながらつくっていく組織ではなく、チームの中の一人ひとりが「自分がつくった」と言える誇りを持てるような仕事ができるようにしていきたいです。私はずっとそんなポジションで働いてきたのでそこはだれにも負けたくないなと思っています。

――リーダー、マネジメントとして指標になるような人はいますか?

渡邉:社内にはいません。いないからこそ、この癖の強いメンバーが多い組織で、すべてを受け入れられる存在を目指しています。

私が仕事をする上でのモットーが「『私だから』の仕事をこだわりぬく」ことです。「渡邉を出しておけばなんとかなるだろうな」という存在になりたいですね。

目次へ

アローリンクで見つけるあなたの可能性

渡邉さんはきっと組織全体の精神的な支えになるようなリーダーなのだろうなという印象を受けました。主体性を大切にする組織の中で、渡邉さんのような存在が「個」をまとめる役割を果たすのだろうと感じています。

個性を大切にし、個性を活かす会社、アローリンク。あなたも「私だから」の仕事を見つけられますよ。

 

  • xxxxxxxxxxxxx