チーフマーケターに学ぶ!挑戦と成長を楽しむということ

新しい仕事を始めるときは、誰でも不安に思うもの。これから社会人になる人なら、なおさら大きく感じるのではないでしょうか? 今回は立ち上げ間もないマーケティング事業部でマネジメントを担当する中原 和馬(なかはら かずま)さんにお話を伺いました。 マーケティングの仕事は分からないことばかり。そのような状態で、中原 和馬さんからは仕事を楽しんでいる様子がひしひしと伝わってきました。 仕事を楽しむコツを学びましょう。

この記事は約6分で読み終わります。

仕事内容について

――普段の仕事内容についてお聞かせ願えますか?

中原:私はnext事業部のマーケティング課でチーフを勤めています。マーケティング課としての仕事内容は、いわゆるインバウンド戦略に則ってさまざまな施策を実施することです。

従来、商品やサービスを買ってもらうには、飛び込み営業や電話営業など、企業から営業を仕掛ける方法が一般的でした。しかし、当課で行うインバウンド戦略は、さまざまなコンテンツ配信により当社や商品に興味を持ち、お問い合わせをいただいたお客様に提案を行っていく営業スタイルになります。

そのため、営業部門には、すでに当社製品「next>>」の導入意欲が高い状態のお客様を引き継ぐような形になります。

――お客様に会社や製品に興味を持っていただくための入口としては、具体的にどのようなものがありますか?

中原:現在のところ、お客様との主な接点は人材業界のイベントやカンファレンス、講演などが多いです。私は前の部署である広報担当の仕事も兼任しているので、そういったイベント関係の仕事も行っています。

――イベントで講演などもされるのでしょうか?

中原:いえ、実際に前に立って話すのは営業担当や取締役です。私の仕事は、イベントの企画をすることですね。

お客様との接点という話しに戻ると、あとはWEB上に広告を売って見込み顧客の獲得を担当しています。現在のところ、紙媒体の広告は使っていません。

目次へ

1日の仕事の流れ

――中原さんの1日の仕事の流れを教えていただけますか?

中原:まず、9時に出社したらメールなどの連絡チェックを行います。そのあとに朝礼があります。全体の進捗状況の確認や、その日に行うタスクのすり合わせなどを行います。

その後は、その日によって大きく違ってくるのですが、たとえばWEB広告の効果のチェックや、広告やイベント等で接点ができたお客様にメールマガジンの配信などを行っています。数字の分析や自社製品について知っていただくようなコンテンツ作成の業務です。

それ以外にも、マーケティングシステムの運用・修正などさまざまな業務があります。これらに加えて、私はチーフの役職があるので、マネジメントの仕事も入ってきます。

目次へ

チーフとしての仕事は「挑戦してもらうこと」

――マネジメントの仕事についてお聞かせ願えますか?

中原:このマーケティング課はまだ立ち上がって1年未満です。そのため、現在まで他社のやり方を研究し、何が正解か分からないまま試行錯誤でやってきました。そこで、チームのメンバーには、さまざまな施策をまずはやってもらうということを意識しています。

正直なところ、どういう結果になるかは分からないことが多いです。しかし、やってみれば数字として結果が見えてくるため、そこから分析を行い、改善に繋げることができます。

あるいは、メンバーには積極的に挑戦してもうらことや、自分自身で考えてもらうことを意識してもらうような働きかけをしています。

私自身は入社当初、受け身な姿勢で仕事をしていました。しかし、いろいろなことに挑戦させていただくうちに、初めての分野でも、真剣に取り組むことでほとんどのことは成功させることができるということを学びました。

そのため、自分が辿ってきた経路をメンバーの方にも経験してほしいと、さまざまな挑戦をしてもらっています。

目次へ

入社後のキャリア

――中原さんは入社後、どのようなキャリアを辿られてきたのですか?

中原:私は2015年に中途でアローリンクに入社しました。その広報担当に異動になり、2019年より現在のマーケティング部門への配属となりました。ポジションとしては、2018年1月にリーダー職に、2019年5月にチーフ職になりました。

目次へ

やりがいはチームの成長

――仕事のやりがいにはどのようなものがありますか?

中原:私は広報にいたので今までクリエイティブ職を担当していました。そのため、正直なところマーケティングの仕事はまだまだ分からない点が多いです。また、立ち上がったばかりの部署なので、体制も未完成な点があります。

そのような中で、チームとしての成長が実感できることにはやりがいを感じますね。施策や分析が成果を上げたときや、結果をもとに、メンバーからさまざまな提案やアイデアが行き交わされるときは楽しいと感じます。

目次へ

聴くことの難しさ

――仕事に難しさを感じることはありますか?

中原:私自身、WEB関連に強いわけではないので、さまざまなマーケティングのシステムを扱う点は難しいですね。

また、成果に繋がる分析のためには、どの数字をどのように読み取るのがベストなのかという点についても、まだまだ深く学ぶ必要があると感じています。数字に強いメンバーの力も借りながら、チームとして努力しています。

人材育成の面では、メンバーからの思いを100%伝えてもらえるわけではない点には難しさを感じます。私自身、先輩や上司からいろいろと話しを聞いてもらってきた経験があるため、部下にも同じように深く話しを聞けるように意識しています。

目次へ

知らない世界にワクワクできる人が向いている!

――中原さんの部署には、どのような人が向いているとお考えですか?

中原:知らない世界にワクワクできる人ではないかなと思います。この仕事では、施策が上手くいかないことも少なくありません。数多くのトライ&エラーを繰り返し、少しの変化でも敏感に感じ取り、喜べる人が向いていると感じます。

性格的な面でいうと、ものごとを深く考えるのが好きな方も向いていますね。分析の仕事が多いので、結果に対して「なぜ起きたのか?」「どうすればもっと良い結果になるのか?」。そういったことが好きな人だと、活躍できるのではないでしょうか。

マーケティングの業界は新しいものが次々と出てきて変化が激しい世界です。そのたも、新しいものを自ら積極的にキャッチして学んでいく姿勢を大切にしてほしいと感じます。

目次へ

トライ&エラーを楽しむ仕事

試行錯誤を繰り返し、チームとしての成長を感じることにやりがいを感じる中原さんは、メンバーに挑戦することの大切さを伝えています。

その原点は恩返し。積極的でなかった新入社員時代、さまざまな経験を会社に積ませてもらったことを、メンバーにも経験してもらうことで、会社への恩返しがしたいと考えています。

アローリンクには挑戦できる環境があります。上司や先輩もチャレンジを応援します。私たちと共に挑戦や失敗を楽しみませんか。

 

  • xxxxxxxxxxxxx