就活でやるべきことまとめ!やっておけばよかったと後悔がない就活とは

就活で内定を勝ち取るためには、就活前と就活中に分けてやるべきことを理解して、着実に取り組む必要があります。 やっておけばよかったと後から後悔をしないように、準備段階から計画的に進めていきましょう。

この記事は約7分で読み終わります。

就活は時期ごとにやるべきことがある

就活期間中はやるべきことがたくさんあって、大学の説明会に参加したものの、具体的に何をすれば良いのかわからないという人は多いですよね。就職を意識し始めたら、就活前にやっておくこと、就活中にやるべきことを分けて、しっかり理解しておきましょう。これこそが就活生が内定を掴む、成功のポイントです。

一般的な就活の解禁にあたる企業の採用試験や面接がいつから始まるかというと、大学4年の夏頃からが目安でした。ですが新卒向けの説明会は大学3年の頃から開催されていて、もっと早くから就活準備を始める学生もいます。
通年採用により更に早くなると言われているので、のんびりと構えていて、大学4年になって友達が就活を始めたのを見て焦って動き始めるのでは、やはり出遅れてしまいます。

同じ年代の友達は、就活においてはライバル。スタートラインに立つ時期は同じでも、事前準備を進めているかの違いで差が開いてしまいます。あなたも就活でやるべきことを早めに理解して良いスタートを切り、周りの新卒者を大きく引き離しましょう。

企業が求めているのは、自分から行動を起こせる人材です。こちらの記事も参考に、就活を自分自身でマネジメントして下さいね。

>>就活生必見!副社長に聞く【アローリンクの過去・現在・未来】

目次へ

【就活前】やるべきこと5選

就活にやるべきことは多く忙しいため、就活前と就活中に分けて、時期ごとに整理して進めていく必要があります。

最初に就活前にやるべきことや、準備の進め方を5つご紹介していきましょう。後でやっておけばよかったと後悔しないよう、着実に取り組んでくださいね。

その1.自己分析

就活準備でまずやるべきことは、自己分析です。就活前に「なぜ?どうして?」と深堀をして、自分の行動や長所・短所を正しく理解しておきましょう。自分の価値観がしっかり定まることでエントリーシートや履歴書が描きやすくなり、面接を受けた際の受け答えがスムーズにできるようになります。

自己分析で自分がどんな人間で、将来何をしたいのかを追及しておくことは、仕事を選ぶ軸作りのためにも大事なこと。自分がどんな仕事に適しているのか、どんな仕事をしたいのかを明確にすることで、企業へのアピール力が強化できます。

その2.企業研究

自分がどんな業界で仕事をしたいのかがある程度定まったら、次にやるべきことは企業研究です。自分が働いてみたいと思う企業を念入りに下調べしましょう

就職先は、業務内容が同じならどんな企業でも良いというわけではありません。それぞれ理念や経営状態、取引先や福利厚生なども違います。自分が求める業務内容なのかだけでなく、自分が希望する働き方ができるのか、企業研究でライフスタイルがマッチングするかを確認をしてください。

企業研究の方法としては、会社が公開しているホームページなどで詳しい情報を集めるのが一般的。そのほか、就職情報誌や採用サイトをチェックするのもおすすめです。

具体的な就活時の企業研究の手順については、こちらの記事で詳しく解説しています。あなたの就職準備の参考にしてください。

就活の際に企業研究を詳しくしたい方はこちら

>>就活の企業選びはどうすればいい?自分の軸を見つけよう

その3.試験の対策

各社の内定は基本的には採用試験により決まるため、本格的な就活が始まる前から試験対策をしておくことも重要です。一口に採用試験といっても、筆記試験から面接までと種類はさまざま。内容は企業によって違うため、試験の内容に関する情報収集をしておくといいでしょう。

インターネットの検索で、特定の企業の採用試験の種類がわかることもありますし、就活経験者の口コミなども参考になります。ただし、試験内容が年によって変わることは良くあること。SPIなどの一般的な問題演習は書籍購入で取り組むことをおすすめします。

また企業によっては英語力など、必要なスキルを求めているケースもあります。採用試験で有利になる場合は、資格の取得も視野に入れるといいでしょう。

その4.OB訪問

希望する業界や企業の実情や雰囲気を知るためにも、OB訪問にも前向きに取り組みましょう。実体験にもとづく話を聞くことで、社会人として働く自分のイメージを持つことできるようになりますよ。

OB訪問の良いところは、人事担当者には聞けない企業の情報を入手できること。就活には情報量が重要なため、有利な情報を得ることで周りの就活生と差をつけられます。

ただしさまざまな質問をするには、ある程度の知識が必要です。事前にしっかりと業界研究をしておき、マナーを守って訪問をしてください。

その5.インターンに申し込む

就活準備で一番効果的なのは、インターンシップに参加することです。行きたい企業をリストアップしてインターンを申し込み、就業体験にトライしましょう。

インターンに参加することで、実際の仕事を通じた課題が見つかる可能性があります。また参加したこと自体が、採用試験を有利に進める大きな強みになってくれるでしょう。

具体的な仕事の希望が決まっていない場合でも、インターンに参加することで業界や企業と自分のマッチングができます。ただし、ただ参加すれば良いというものではありません。業界や企業の下調べをして、貴重な経験を有意義なものにしてください。

目次へ

【就活中】やるべきこと3選

次に就活中にやるべきことを3つご紹介していきましょう。

就活を始める!と思ったらもうのんびりと構えてはいられません。通年採用の今は就活期間は長いですが、最後まで気を抜かずに乗り切ることが大事ですよ。

(1)スケジュール管理

就活中はとにかく忙しいため、しっかりスケジュール管理に取り組む必要があります。スケジュール管理の方法としては昔ながらの手帳を使うほか、スマホのアプリを使うのも選択肢の一つ。それぞれ使い勝手が違うため、自分にあった方法で管理しましょう。

いざ就活が解禁されると忙しくなって、エントリーシートの提出を忘れたり、複数の面接予定が同じ日にブッキングしたりといったミスが起きやすくなります。時間の使い方も悪くなりがちですが、行き当たりばったりで試験を受けても良い結果は得られません。

全体のスケジュールを把握しながら、各社の予定を確実に管理していきましょう。

(2)会社説明会に参加

会社説明会にも積極的に参加しましょう。複数の企業が集まる合同説明会は、今まで目を向けていなかった企業にも目を向けるチャンス。数社を比較することで、企業に対する理解が深まります。

会社説明会は就活生と企業が直接触れ合える、貴重な交流の場です。経営者理念や社内の雰囲気など、ネットの情報収集やパンフレットを読むだけではないリアルな情報が得られて、これも採用試験での強みになります。

実際に希望する企業で働く人の話を聞くと、自分がその企業で働く姿もイメージしやすくなり、就活のモチベーションがアップしますよ。

(3)リラックスすることを忘れずに!

就活中は採用試験や面接だけに集中するのではなく、適度にリラックスすることも必要です。本格的な就活中に入ると試験結果に不安になったり、周りと比較して落ち込んだりと、とにかく息が詰まるもの。忙しさが拍車をかけてストレスをため込みやすいため、こまめに発散を心掛けてください。

就活中のリラックスには、読書や趣味などにかける時間を適度にとるのがおすすめです。上手にストレスを解消できると気分も晴れて、就活にも前向きになれますよ。

就活中は忙しくてそれどころではないと考えがちですが、思い切って時間を取り、気持ちを切り替えるといいでしょう。

目次へ

まとめ

就活ではやるべきことが多くて焦ってしまいがちですが、就活前・就活中とポイントを絞って理解しておけば、慌てる必要はありません。

準備段階からコツコツと取り組んで、就活で良い結果を出しましょう。

 

  • xxxxxxxxxxxxx