就活生は絶対に企業研究をやるべき!目的から方法までを紹介

大学の就活説明会で企業研究についてレクチャーされたものの、何をすればいいのかわからない人も多いですよね。 内定を勝ち取るためにも、企業研究の必要性や把握事項、具体的な方法をしっかり理解しておきましょう。

この記事は約7分で読み終わります。

就活生が企業研究を行う目的

就活において、企業研究がどのような目的を持つのかご紹介していきましょう。

「企業研究なんて自分でしなくても説明会に行くし!」と安易に考える就活生もいますが、企業研究とは会社の特徴を理解する、職場選びの重要なポイント。企業研究の目的を明確にすることで、就活の成果や満足度も変わってきますよ。

本当に行きたい企業なのかを定めるため

企業研究とは、自分が就職したい企業の情報を集めて分析し、理解することをいいますが、その大きな目的は自分と企業のマッチングです。

企業研究で数社を比較しながら、自分の希望や働き方にあう企業なのかを絞り込みましょう。目指す企業をしっかり定めることは、就活の軸作りをバックアップします。

企業は優秀な人材を獲得しようと考えて、就活生には良いことばかりをアピールしがちです。そのため実際に就職してからギャップに気づき、後悔したり早期転職を考えたりする新社会人は多いもの。業務内容や福利厚生、社内の雰囲気などを自分なりに研究しておけば、こういったミスマッチを防ぐことができます。

志望動機が明確になる

就活において企業研究をしていくことは、志望動機を明確にするためにも大事なことです。企業研究で行ったことは、エントリーシートの記入や採用面接にも役立ちますよ!

大手だからなんとなくその会社に入りたい、なんとなくIT系だから入りたいという曖昧は志望動機では、内定は勝ち取れません。早い段階で自分がなぜその会社に入りたいのか、将来的にどんな仕事をしたいのかをはっきりさせておけば、面接で意地悪な質問がきたとしても詰まることなくスラスラ答えることができます。

企業研究で会社の求める人材像がわかってくれば、試験や面接でアピールするポイントを絞り込めるのも魅力の一つ。自己PRに説得力がでるため、企業研究で内定獲得率はダイレクトに向上します。

目次へ

企業研究のチェックポイント

就活で企業研究をするときの、チェックポイントをご紹介しましょう。一口に「企業研究」といっても、その内容は多岐にわたるもの。全てを網羅すれば良いというわけではないため、情報は絞り込むことが大事ですよ。

企業研究の充実度は、内定獲得の明暗を分けます。最低でも就活に必須とされる次の4つの重要事項は必ず確認して、ノートなどにまとめておきましょう。

企業理念をチェック

就活時の企業研究でまず抑えておきたいのが、その会社の企業理念です。会社の存在意義や使命、価値観を表現した企業理念を理解すると、自分の考え方や働き方とあっているかマッチングができます。

企業理念は経営に直結する重要事項。社是(しゃぜ)や行動指針は企業で働く人々の雰囲気にも影響を与えています。

大手で躍進的な企業でも、企業の方針が自分の働き方にあっていなければ就職しても長続きしません。企業理念について掘り下げておくと、就職してからのミスマッチを防ぎ、退職や転職のリスクを減らすことにも役立ちます。

企業の事業内容をチェック

内定を目指す大学生にとって一番気になるのは、企業の事業内容でしょう。事業内容はそのまま自分が将来担当する仕事に直結しているため、就活における企業研究の重要なチェック項目。その企業がどのような商品を扱っているのか、サービス内容もしっかり理解して、面接で聞かれたらスムーズに説明できるレベルにしておくことをおすすめします。

企業研究で事業内容を知ることで、実際に自分がその企業で働いているイメージを膨らませることができます。エントリーシートを記入する際や面接で意欲をアピールする際に、説得力が出ますよ。

福利厚生・イベントをチェック

就活時の企業研究では企業そのものや業務内容についてだけ目を向けるのではなく、会社の福利厚生やイベントについても確認しておきましょう。ただし社会経験のない大学生の場合は、福利厚生といわれてもピンとこない人もいますよね。

福利厚生とは、保険や交通費などの各種手当て、育児休暇の制度など、給与以外の待遇のこと。社員だけでなくその家族にも恩恵がありますから、企業選びの重要なポイントです。

企業研究をする前に、自分のライフスタイルで何を重視すべきか項目を検討しておきましょう。例えば女性なら妊娠・出産の待遇が良いと、長期間働ける可能性が広がります。社内交流などのイベントが豊富だと働くモチベーションになりますし、教育制度が充実している企業は将来的なスキルアップを目指す人におすすめです。

企業の福利厚生の具体的な事例を知りたい場合は、こちらの記事を参考にしてください。社内イベントも豊富なので、チェックしておきましょう。

>>【アローリンクの福利厚生】社員のキャリア設計と輝き続ける職場作りをご紹介!

自分と企業の将来をチェック

就職先の企業を選ぶなら安定して長期的に働けるのがベストですから、企業の将来性を確認しておくことも重要です。就活時の企業研究をどこまですべきか悩む大学生は多いのですが、自分の将来像と企業の目指す未来とのマッチングは就活に必要不可欠です。

企業の展望や将来性は、中長期計画表などで確認することができます。企業は業界の動向の影響も受けるため、あわせて業界の動向も把握しておくことが大事ですよ。

企業計画を理解しておくと、自分が将来その企業でどんな活躍ができるかイメージが定まります。面接などでも説得力のあるアピールができるため、企業研究で行ったことをぜひ面接で役立ててください。

目次へ

具体的な企業研究の方法

ここからは就活時にすべき、具体的な企業研究の方法をご紹介していきます。

企業研究はやればやるだけ良い結果が出ますが、就活期間はやることが盛りだくさん。ただパンフレットを読むだけでは、時間も気力も浪費してしまいます。次のように、効率的に企業研究を進めることを心掛けましょう。

採用サイトを確認

効率よく企業の情報を集めるのにおすすめなのは、企業の採用サイトを確認することです。

就活の企業研究に企業のコーポレートサイトをチェックする人は多いものの、コーポレートサイトでは一般向けに公開されている企業概要しか把握できません。企業が求める職種や社内の雰囲気など、リアルに就活に役立つ情報を把握するのには、企業の採用サイトのほうが適していますよ。

ネットの口コミによる採用サイトを調べるという選択肢もあります。ただし何らかの私情が絡んだものや、真偽がわからない情報も混在しているもの。口コミはあくまでも、企業の採用サイトの情報を補う程度に考えておくことをおすすめします。

こちらの記事では、厳しい就活を乗り切った先輩の企業研究の手法についてご紹介しています。ぜひあなたの企業研究の参考にしてください。

インターンに行く

企業研究において最も効率が良いのは、企業のインターンシップに参加することです。インターンシップとは、企業が大学生に就業体験の場を提供し、就職前に仕事を実体験できる貴重なチャンス。その業界や企業が自分にあっているかを確実にマッチングでき、就活に必要な情報を網羅して、企業を掘り下げて理解することに役立ちます。

インターンは仕事や企業を知るだけでなく、社員と交流する機会も豊富です。社内の雰囲気を肌で感じることができるため、周りの就活生よりも一歩リードできますよ。

インターンシップは全ての会社が取り入れているわけではありませんが、新卒採用者の早期離職・転職防止対策で、受け入れ企業が増えています。希望する企業でなくても、同じ業界でチャンスがあったら参加を前向きに検討してみてはいかがでしょうか。

目次へ

まとめ

就活で大事なのは採用試験や面接対策ではなく、実は企業研究だといわれています。自分とマッチングの良い企業を選べば、内定を手にする確率がグッと上がりますよ。

あなたも積極的に企業研究に取り組みましょう。

 

  • xxxxxxxxxxxxx