個性を活かせる会社で働こう!自分らしさが認められる企業探し

自分らしさを仕事にも活かしたい!とお考えの方が増えています。しかし一会社に勤める中で個性を活かすことは果たして可能なのだろうかと疑問をお持ちの方も多いのではないでしょうか。個性を活かせる会社で働くメリットとデメリット、具体的にどのようにアピールして行けばよいのかについて解説いたします。

この記事は約6分で読み終わります。

個性を活かせる会社で働くべき?


個性を活かせる会社で働くことは、良い面も悪い面もあります。ご自分が個性を活かせる会社で働くべきかどうかと判断する基準として、個性を活かせる会社で働くメリットとデメリットについて確認していきましょう。

個性を活かせる会社で働くメリット

仕事には個性は邪魔であり、協調性が何より大切だと考える人も多くいます。しかし協調性ばかりだと新しいものは生まれません。満場一致の意見は採用するなといわれるのはそのせいでもあります。

個性を活かせる仕事で働くことで、個性をそれぞれが活かしながら活発な議論が生まれ、最終的に自分の個性を深めることができます。ただ自分の個性を活かしたいといたずらに求めるだけではなく、互いがぶつかり合うことで協調性と個性がほどよく共存することが可能となります。そして自分の個性により深みがでるというメリットがあります。

また自分の個性をつぶす必要がないので、ストレスが溜まらないのも大きなメリットでしょう。1日最低8時間は従事する仕事でストレスを溜めるのはモチベーションを下げてしまうばかりでなく、やがて仕事の質や効率も落としてしまいがちです。しかしストレスが溜まらなければ生き生きと働くことができます。

さらに自分の意見を反映してもらえることにより、モチベーションを維持することができます。意見を言っても採用されないのでは仕事は面白くありません。しかし自分が考えたアイデアが採用されると、もっと良い仕事をしようとさらに個性にも磨きがかかります。

特にサービス業や営業職などでは、サービスや商品を売る前に、誰がそれを提供しているのか、誰から買うのかが重要となってきますので、個性を活かすことは非常に大切になるのです。

個性を活かせる会社で働くデメリット

では個性を活かせる会社で働くデメリットはないのでしょうか?

どちらかと言えば保守的で誰かの指示によって仕事をしたいと考える人にとっては少し苦痛を感じるかもしれません。個性豊かな社員がたくさんいることで、自分自身も意見を求められる事となり、それを考えるのがストレスとなる可能性があるからです。

また人間関係が大変になる可能性もあります。個性が豊かな人が多いということは、何か一つを決めるにも意見が飛び交いなかなか決まりません。通常であれば、すっと決まる事に時間がかかることをストレス感じることもあるかもしれません。

さらに傷つきやすい人には向いていない会社となるかもしれません。個性が豊かであるということは、それぞれが意見を持ちそれを口にする人が多いということです。はっきりとそれは間違っている、違うと思うと言われることもあるので、否定された気分になり傷つく可能性もあります。

ただしこれらもある意味慣れなので、時間が解決するとも言えるでしょう。
目次へ

個性を活かせる会社の探し方


個性を活かせる会社はどのように探せば良いのでしょうか。まだまだ本当の意味で個性を活かせる会社というのは少ないものです。個性を活かせると思ったのに、実は違ったということがないように、探し方のポイントをご紹介します。

社風

個性を活かしたい人は、個性を活かすことができる会社を探すことです。

探し方のポイントとしては社風を確認することです。社風に個性を大事にしているとか、一人一人のマンパワーを重視するなどといった個性を大切にしていることが伺える表記がある会社だと安心ですね。社風はその会社の考え方や取り組み方ですので、それが自分に合うかどうかというのは非常に大切です。

また個性的な自分を評価してくれそうな会社を選ぶ事です。その為には職種で選ぶのも一つの方法です。デザイナーなどクリエイティブな仕事やWeb業界のプログラマーなどはもちろん、前述したサービス業もおすすめです。自分の個性を理解し、どう活かしていけるのかということを具体的にイメージして職種を選ぶようにしましょう。

ベンチャー企業

ベンチャー企業の中には個性的な会社が非常に多くあり、個性的な人が多く集まります。ある意味、実力勝負という部分もあります。しかし個性を能力として活かしていける会社だと言えるでしょう。

ただし個性にも種類がありますので、自分の個性とマッチしているかどうかをOB訪問などで確認するのも必要です。実際にその会社に勤めている人の声はより真実味があるので、ホームページなどがあれば社員紹介などは必ず確認しておくことをおすすめします。

ベンチャー企業は好奇心旺盛で自分がトレンドを作りたいという方にはとっておきの職場だと言えるでしょう。自主性も大事なポイントとなるため、個性が強い方にはアピールする機会が用意されており働きやすいと言えます。
目次へ

自分の個性を売りだす方法


では個性を活かせる会社に勤めたからといって、自分の意見ばかりを主張するだけでは本当の意味で活かしているとは言えないでしょう。個性は非常に魅力的ではありますが、会社というチームの中で仕事をする以上、ある程度他の社員との歩み寄りも大切です。

では自分の個性を売り出すにはどのような方法があるのかをみていくことにしましょう。

自分の個性について考える

まずは自分の個性について客観的に考える事です。個性を理解していないと売りだすこともできません。

その為に行いたいのが自己分析です。まずは自分の良いところ、悪いところの双方を箇条書きで書き出します。その際に具体的にどのようにそれが活かされたのか、逆にマイナスになったのかのエピソードも含めて考えてみてください。

デメリットともいえる悪い部分についても、合わせて分析しましょう。長所と短所は紙一重といわれるように、うまく転換すればメリットに変えることができます。逆にメリットも過ぎるとデメリットとなるので注意が必要です。

最後に、周りの人からも意見をもらいましょう。心理学でいうジョハリの窓でも示す通り、自分が知っている自分はあなたの一部であり、他人は知っているけれど自分が知らない良さや逆に弱点もあるものです。また自分では短所だと思っていたことを、長所と捉えている場合もあります。

仕事は他人とともにするものですので、周りの人の意見も盛り込みながら自己分析を行っていきましょう。

アピールの方法

次に実際のアピール方法についてご紹介します。

個性、いわゆる強みはたくさんあれば良いというものではありません。多くあると良さが薄れてしまいます。そこで、個性を一つに絞ってアピールするようにしましょう。

またアピールする個性は、あなた独自のものであることが大切です。誰もが持っているとそれは個性になりませんし、アピールとして弱くなります。そこで他人と被らなさそうな個性を選ぶようにしましょう。

さらにその個性が見た目とのギャップがあると、印象に残りやすくなります。人は見た目でこんな感じの人と判断しがちですが、以外にも○○というのはやはり個性として強いアピールとなります。

まとめ

個性を活かせる会社で働くことは、メリットもデメリットもあります。それもすべて取りようでもありますが、個性を重視している会社を選ぶことでよりメリットは強く発揮されるでしょう。そのためには、自己分析をしっかりと行い、ポイントを絞ったアピールを行うことをおすすめします。

 

  • xxxxxxxxxxxxx