働く人との相性を大事にしたい!人間関係がいい会社を見つける方法

せっかくやりがいのある仕事ができていても人間関係がうまくいっていないとストレスになり、仕事に対してのモチベーションも下がってしまいますよね。仕事はやりがいも大事ですが、人間関係も大切です。こちらでは人間関係がいい会社を見つける方法について紹介していきます。

この記事は約6分で読み終わります。

「人間関係がいい会社」ってどんな会社?

そもそも、「人間関係がいい会社」とはどんな会社なのでしょう?まずはその特徴について詳しく説明していきます。

個性を認め合っている

個性を認め合うことは、人間関係を円滑にするためにとても重要です。また、自分の個性を抑える必要がないのでストレスが溜まらず、仕事に集中できる環境づくりにも欠かせないポイントになります。その特徴として、個人の意見が尊重される、上司に対しても引け目なく話すことができる、それぞれのスキルを活かそうとしているという点があるでしょう。

人間関係が良くない会社では、自分の意見を伝えにくい環境であることが多く、上司との距離感も遠い傾向です。そのため、個性を認め合う以前に個性を出せない環境となり、ストレスを感じやすくなってしまいます。

しかし、個人の意見が尊重される職場というのは、そもそも自分の意見を周囲に伝えやすく、周囲もその意見に対してリアクションをしてくれる環境ということです。また、それらの意見を社員間だけでなく上司に対しても引け目なく伝えることができることも重要になります。

話しやすい上司がいることで、個性を認め合う環境でもしっかりとまとまりができ、スムーズに仕事を進めることができるでしょう。それにより、それぞれのスキルを活かせる環境で、それぞれを尊重してストレスを感じることなく働けるはずです。

さらに、意見が尊重されることで仕事に対するモチベーションも上がり、自分自身の成長にもつなげていくことができます。個性を認め合う会社は一人ひとりの成長が期待でき、それに伴い会社もともに成長していけるのです。

こちらの記事もぜひ参考にしてください。

>>「個性を活かせる会社で働こう!自分らしさが認められる企業探し」

社員のコミュニケーションが取れている

社員同士のコミュニケーションが取れていることも人間関係の良し悪しを判断するためには重要です。もし、人間関係に問題があれば、社員同士のコミュニケーションがうまく取れずに仕事の連携も取れていない可能性が高いでしょう。

また、何か問題が起こった際は当事者一人で問題を抱え込んでしまうのではなく、周りの人間がサポートしてお互いに問題をカバーしあうような人間関係が理想的ですよね。また、上司や周囲の社員に対して仕事に関することはもちろん、社内環境などについて相談しやすいこともコミュニケーションが取れている会社だと言えるでしょう。

ただし、社員間の距離が近すぎると馴れ合いの関係になっている可能性もあるので要注意。あくまでもビジネスを効率よく進めるため、適度な距離感を保ちながら、コミュニケーションをしっかり取れていることは人間関係がいい会社の特徴です。

目次へ

人間関係がいい会社を見つける方法

では実際に人間関係がいい会社を見つけるにはどうすればいいのでしょうか?気になるその方法について紹介していきます。

会社のHPや求人を確認する

気になる会社について知りたいと思ったとき、会社のHPや求人情報を確認します。そこに書かれている情報から、社風はある程度見抜くことができるのを知っていますか。

ポイントとなるのが経営理念やビジョンです。経営理念やビジョンは働く社員にとってのモチベーションをどこに持っていきたいのかということがわかり、その会社で働くことの魅力にもつながります。また、経営理念やビジョンで社員同士が手を取り合って仕事に励んでいるかどうかの判断基準にもなるため、社風をイメージしやすくなるでしょう。

求人情報も社風をイメージするのに役立ちます。福利厚生や評価制度が充実した会社は働きやすく、やりがいのある仕事ができる会社である可能性が高いです。

そういった会社は一般的に社内環境も良く、人間関係にも問題が発生していないことが期待できます。さらに見ておきたいのが、会社が新卒求人以外にも求人広告を出しているかという点です。もし、気になる企業の求人広告を転職サイトで見つけたら、その求人が事業拡大に伴うものなのか欠員補充なのかをチェックしてください。

事業拡大に伴い、新しい人材を求めているのであれば、その会社は今後の成長が期待できますが、欠員補充であれば退職者による人材不足の可能性が高いです。求人広告が頻繫に出ているようであれば、退職者が多く常に人材不足であることが考えられるでしょう。それだけ人の入れ替わりが激しい会社は、社内の雰囲気もあまり良くないことが考えられます。

会社の口コミをチェックする

職場の雰囲気を知るためには、会社の口コミ比較サイトなどを確認するのも有効です。口コミサイトでは、会社で働いている人や元社員が口コミを投稿しているため、求人情報やホームページなどでは知ることのできない、実際の会社の雰囲気を知ることができます。これにより、求人情報との相違ができ、入社後に「思っていたのと違った!」というミスマッチを防ぐことができるでしょう。

また、最近ではブラック企業を公表することが主流となっているため、自分の気になる会社が該当するかどうかを確かめることもおすすめです。

ただし、これらは円満退社できなかった元社員が会社の評判を下げるために意図的にマイナス意見を書き込んでいる可能性も否定できません。そのため、インターネットで見た悪い評判だけに流されずに、そのほかの要素も加味して総合的に判断していきましょう。

目次へ

人間関係がいい会社かどうか見抜くには?


ここまで、人間関係がいい会社の特徴と見つけ方を紹介してきました。次は、人間関係がいい会社を見抜くポイントを具体的に紹介していきます。

会社の雰囲気を知る

実際に会社へ訪れ、雰囲気を知ることは会社の人間関係の良し悪しを判断するために最高の機会です。例えば、会社説明会やインターンシップなどは実際の働き方や社風も知ることができます。

その中で注意したいのが、社員同士のコミュニケーションが取れているかどうかということ。極端に会話の少なかったり、ギスギスした雰囲気がにじみ出ていたりする環境は人間関係がいいとはいえません。

また、社員間だけでなく上司や先輩に意見を言いやすい雰囲気であるか確認しておきたいポイントです。意見することに躊躇するような会社は風通しが悪く、実際に働くことになってからも居心地の良さを感じられずに、早期退職の可能性が高くなってしまいます。

面接官の態度や言動を観察する

面接官もその会社で働く社員の一人なので、会社の雰囲気を知るための大きなヒントとなります。例えば、面接官の態度や言動に横柄さを感じたり、どこか余裕のなさを感じたりするなら、その会社はあまり雰囲気のいい会社ではなく、延いては人間関係の良さも期待できないかもしれません。

また、面接官の雰囲気や言動から、自分とその会社の相性がいいかどうかを感じることもできます。就活は戦略的に進めることが成功のカギではありますが、時には直感を信じてみることも大切です。

目次へ

まとめ

人間関係がいい会社を見つける方法はいかがでしたか?人間関係は実際に会社に入ってみないとわからないと思われがちですが、ちょっとした情報から想像することは意外と簡単です。人間関係は働くうえで大きな影響を及ぼすポイントとなるため、ぜひ自分の納得できる会社を探してくださいね。

 

  • xxxxxxxxxxxxx